HOME>トピックス>土地にまつわる規定条件

建ぺい率の仕組み

同一敷地面積の更地なら、枚方市でどの不動産を買っても同じ大きさの家が建築できると思われがちですが、実際はそうではありません。土地には建ぺい率という規約があり、この内容によって建築できる家屋のサイズが違ってくるのです。建ぺい率は敷地に対して家が占められる最大面積であり、例えば100平方メートルの土地で建ぺい率が40%なら、家の大きさは40平方メートルが上限になります。

土地には容積率という規約もある

建ぺい率だけでなく、土地という不動産には容積率という規約もあり、これは家屋の延べ床面積の上限を表しています。つまり100平方メートルの土地で容積率が80%であれば、1階や2階など各階を合わせ、床面積の合計が80平方メートル以内になるよう、住まいを建てねばなりません。ですから枚方市で家を建てる土地を買う時は、容積率にも着目するのがベターです。

隣接道路が狭い場合はこんな規約も

土地の隣接道路が2項道路であった場合、枚方市でもセットバックすることが義務となっています。2項道路とは横幅が4m以下の狭い道路のことですが、家を建てる時は4m道路になるよう、道の中心点から2m以内は何も建築してはならない仕組みです。なので枚方市で不動産を買う時は、セットバックに関しても知っておいた方が良いでしょう。

角地固有の規約とは

角地は隣接道路の交差部分に、敷地の角を斜めにカットするよう空き地を設ける必要があるため、その隅切り部分には家を建てられません。このように土地には色々な規約が備わっていますから、枚方市で土地といった不動産を買う時は、それらの仕組みを理解しておくと選びやすくなります。

広告募集中